FX初心者が上達するまでやってみる

FX初心者が上達する過程を記録するブログです。

学習まとめ その1

2018.12.03 - 21:43
こんばんは。
ヒロポックです。

今月から新学習計画「FT2トレード」を開始しました。
 ⇒参照 : 『新学習計画 「FT2トレード」
そして、今日で1ヵ月分のデータをやり終えたので
一度ここまでの学習成果をまとめてみようと思います。
それでは、まず1ヵ月間のFT2トレードの結果を集計していきます。

<FT2トレード結果>

 データ期間 : 2011年1月(1ヵ月間)
 総トレード数 : 3回(1勝2敗)
 総損益(pips) : 9.7
 勝率 : 33%
 勝ちトレード合計利益(pips) : 25.0
 負けトレード合計損失(pips) : -15.3
 勝ちトレード平均利益(pips) : 25.0
 負けトレード平均損失(pips) : -7.7
 最大勝ちトレード(pips) : 25.0
 最大負けトレード(pips) : -8.5
 最大ドローダウン(pips) : -15.3
 ペイオフレシオ : 3.25
 プロフィットファクター : 1.63

では、結果を見ていきましょう。
トレード回数が1ヵ月間で3回は少ないですね。
結果に含めていないトレードを足しても6回。
以前のトレンドフォローの検証では、月間4回。
 ⇒参照 : 『エントリーポイントの研究 (基礎研究②)
まぁ、ほぼ同じですね。今後どうなるかはわかりませんが...。
トレード回数が少ないのは、私が4時間足チャートを重視しているので仕方がないです。
そして、今回は1時間足レベルでの綺麗なトレンドも4回くらいしかなく
その内3回は記憶していたので結果に含めず、あとの1回は見逃し...。
この記憶してしまっているエントリーポイントやチャートの扱いには困っています。
ローソク足1本送り検証で何周もしているので、絶好のポイントは記憶に残ってしまって。
とりあえず、このまま続けてみて問題あるようなら、条件付きで結果に含めてみようか。
うーん、悩む。

その他の数値に関してですが、データ数が少ないのでまだ何とも言えないですね。
あっ、初めてPRとPFが計算できたw
まぁ、比較するデータがないのでこれが良いのか悪いのかわからないです。
今後、これらの結果がどういう風に変わっていくのか楽しみです。


それでは、次にこの学習で気づいたことや感想などをまとめていきます。

<気づきや感想>

“自分の癖がわかってきた”

今まではあまり意識していなかったのですが、、、
私はエントリーポイントを探す時には、先に損切ポイントに着目していたようです。
そして、その損切ポイントの根拠がしっかりしている箇所でだけトレードしていました。
あと、損切幅は15pips以内だと安心できます。
それゆえに、攻防の激しいレンジブレイクでのライン際のエントリーなどは躊躇してしまいます。
ブレが大きいため、損切幅も大きく設定しないといけなくなるので...
これはなぜだろうとじっくり考えてみたのですが、性格ですかね~。
ゲームでもそうなのですが、1回1回の勝ち負けはハッキリさせたいタイプです。
負け戦をだらだら引き延ばすよりも、一度終わりにして、立て直してから再戦します。
そういうことで、明確な負け判定(損切ポイント)を先に作ってからエントリーしているのかな?
このやり方がトレード数を減らす原因になっていると思うので、変えた方がいいかもしれない。
もう少し学習を進めてから考えてみます。

あー、それと損切が早いです。
損切ポイントをしっかり決めたのに、エントリーの根拠が否定されそうになると即撤退。
例えば、勢いよく利益が乗ってから反転して戻ってくると建値で撤退したり、、、
エントリー後、勢いが伸びずにマイナス方向で停滞していると損切。
利確目標までは粘ろうとするのに、損切ポイントまでは粘れない。
そして、そのほとんどがしっかり損切ポイントまで待った方が良い結果になります。
これについてネットで調べてみたのですが、トレードシナリオの甘さが原因らしいです。
しっかりしたシナリオができていれば、すぐに撤退なんてしないと。
私自身、エントリー前にシナリオはしっかり考えているのですが...
チャート形状が悪くなると撤退したくなってしまう...。
というか、撤退する...。
うーん、経験不足でシナリオ自体がダメなのかもしれませんね。
これは今後の課題です。


“利確が難しい”

えー、難しいです。
私の場合、利確目標は直近目標と最終目標に分けて考えます。
基本は直近目標で利確。
チャートの状況や勢いが良い場合は、最終目標まで粘ります。
今回もこういう感じで利確目標を設定していたのですが、全然到達せず。
FX強化合宿の時もそうでしたが、ほとんどが途中で利確。
利確目標のポイントが無謀なのか...
チャート上の節目に設定しているのですが。
これは経験を積めば、最適解が出てくるのか...、それとも...。
もう永遠の課題になりそうです。


“利確損切のバランスは大切”

この学習では利確損切のバランスを考えるようにしました。
「損切幅>利確幅のようなトレードはしない」というルールを設定。
これがかなり良い方に機能していて、無駄なトレードが減りました。
以前の検証データと比較しても一目瞭然。
トレード数は減りましたが、効果ありです。
何となくですが、PR2以上を望めるトレードだけにしても良さそう。
これについては4年分のデータを一通りやり終えてから考えてみます。


“お、おもいしろい、、、”

この学習はとにかく面白いです。
ローソク足1本送り検証を始めた時も面白かったし、、、
トレンドフォロー検証の時は感動するくらい面白く感じたのですが、、、
この学習はそれら以上です。
より実践に近いFX学習だからだと思います。
学べる内容も多種複合的で何度やっても多くを学べそう。
そして、FXの難しさもダイレクトに感じられます。
ある程度FX学習をしてきた今の段階でこの学習を始めて、本当に良かったと思います。
何も知らずに始めていたら複雑すぎて投げ出してしまいそう。
今までの積み重ねがあったから、面白さを感じられるのかもしれないですね。


以上。

今回はデータ1ヵ月分での学習まとめでしたが、今後はどうしようか考え中です。
当初は1ヵ月間のデータを終えた時点で、その都度、学習まとめを作成する予定でした。
しかし、予想以上に学習ペースが早くて、これだと数日おきにまとめ記事を書くことになってしまう。
また、トレード回数が思ったよりも少なくて集計データも微妙...。

とりあえず、次回の学習まとめは半年分のデータをやり終えた時点にしようと思います。

さてさて、今日はこれからFT2トレードの続きをやっていこうかな~。
ではまたー。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ  
Sponsored Links

コメント


管理者のみに表示