FX初心者が上達するまでやってみる

FX初心者が上達する過程を記録するブログです。

雑記

2018.01.23 - 14:18
こんにちは。
ヒロポックです。

雪が積もってる~。
ふぅ、寒い。

先週に年初の業務が終わって落ち着きました。
昨日からFX中心の生活に切り替わっています。
これから自由な時間が多くなるので、昨年やり残したことを進めていかないと...
とりあえずはブログの更新。
今回は雑記形式でテーマを決めずにだらだら書いていこうと思います。
現在、FXの新学習計画をまとめている最中です。
大まかなことは決まっているのですが、具体的な学習方法について悩んでいます。
いくつかの選択肢があるのですが、どれを採用するかFT2をポチポチしながら考え中。
トライアル期間を設けて、一番効率が良さそうなものを採用する予定です。
すべてがしっかり完成したら記事でアップしますので、しばらくお待ち下さい^^

話はガラッと変わりますが、先日いつもの友人から新年会のお誘いスカイプがありました。
その時ある話題で長話になったのですが、、、

 友人 「TKが引退しちゃったよ!!(泣)」

TKこと小室哲哉が引退。
その切っ掛けになったのは不倫。
ふむふむ。
ゴシップ系は私の専門外でよくわかりませんが、不倫って引退するほどのことなのかな。
まぁ、本人が決断したことなので重く受け止めたのかな。

 友人 「芸能人みんな不倫してるだろ!!みんな引退しろ!」

なんじゃそりゃw

友人はちょうどTK世代で、TK大好きっ子です。
それもかなりどっぷりハマっていて、音楽はTK関連しか聴かないとのこと。
自分のことをゲワイ教の信者だと言い張っているし。
*ゲワイ = GetWild
友人のトレードルームではTM NETWORKがずっと流れていました。

小室さんか~。
私が音楽に興味を持ち始めた時にはTMNは再始動していましたが過去の人という印象でした。
その当時、TKといえばglobeでしたが、まぁ、globeも勢いがなくなってきていたかな~。
ちなみに、その頃流行っていたのはたしかRIP SLYMEや宇多田ヒカルなどです。

えーっと、話は飛びますが、ここでちょっと私の音楽遍歴(鑑賞歴)について書いていきます。
音楽に対しては、楽器を弾いたり、カラオケに行ったりはしないので、ほんとに聴く専門。
そして、あまり知識もないのでこだわりもありません。
何となくいいな~と思ったらCD購入。
ジャンル問わず、雑食のためか購入したCDがやばい量になっています。
収納の半分以上を占めてますw
データのダウンロード購入にすればよいのですが、なんかCD買っちゃうんだよね~。
というわけで、かなり音楽業界に貢献しています^^

私が初めて購入したCDはドラゴンクエストのオーケストラのサントラです。
ちょっと忘れてしまいましたが、どこかで偶然聴いて良いなと思い購入しました。
時間があれば永遠ループでずっと流しっぱなしで聴いていました。
そのCDがオーケストラということもあり、次はその流れでクラシック音楽にハマります。
特にショパンがお気に入りでした。ピアノのメロディーがとても綺麗。
そして、ピアノの音に興味が湧いて、JAZZも聴くようになります。
特にスローテンポのJAZZが気に入りました。
作業中に音楽を流したい時はJAZZを選択することが多いです。
もしかしたら、自分に一番合っているのかも^^
その後は音楽番組の影響でいろいろなアーティストの音楽を聴くようになります。
一時、演歌にもハマりました...、あー、演歌というか高山厳。
演歌といえば独特なこぶしまわしですが、私はそれが少し苦手で。
でも高山さんの歌声はスッと入ってくる。
何度も聴いていると純朴な声で語りかけられているような感覚になり、なんだか不思議。
池上線が走ったり、心凍らせたりと無限ループしてました。

さてさて、話を戻してTKについてですが、、、
私がTKの曲を聴くようになったのはだいぶ後で社会人になってからです。
たしかWEBマガジンの小室哲哉特集を見たのが切っ掛けです。
過去の歴史やTKブームについてなど、この人濃い人生歩んでるな~と興味を持ちました。
それで、とりあえずTKブームの頃のプロデュース曲を片っ端から聴いていきました。
まぁ、それがあまりビビッと来るものがなくて...。
響きの良い言葉を羅列した歌詞に最近の流行りを取り入れつつ無難な展開にまとめた曲。
全部同じ歌に聞こえる。
なんというか、曲を同じ型で作って大量生産しているような。
洋服でいうユニクロのようなファストファッションならぬ、ファストミュージックとでもいいましょうか。
流行の音でそこそこ良い聴こえの曲を大量生産...もうアーティストってより工場長って感じです。
あっ、でもジャングルやブレイクビーツ系はかっこよかったです。
これが最初にTKの曲を聴いて感じたことです。

次はもっと過去に遡りTM NETWORKを聴いてみたところ、その印象が一変しました。
今聞くとサウンドは古いですがとても良い。
旋律がシンプルで綺麗なものが多く、クラシックのような心地よい曲もあり。
そして、そこには新しいことに果敢に挑戦している軌跡もあり、その斬新さに驚きました。
すべてが実験的というか、新しい。
80年代にラップを取り入れた曲とか...、これ新しすぎて周りがついてこないでしょw
あの時代にコンピューター音楽、シンセの音色、サンプリング、、、新しいですね。
そして、TMN休止からプロデューサーへ。
うーん、これらの実験の行きついた結果がファストミュージックの工場長とは少し寂しい。
しかし、globeは良い曲が多く、実験的な部分も感じられました。
アルバム『FACES PLACES』はしっかり作りこまれていてとても良い^^
globeはTMNの正統進化、、、いや、進化ではなくTMNの続編って感じですかね。
他のプロデュース曲よりもかなり力が入っているように思いました。
TKの楽曲はほとんどレンタルCDで済ませましたが、TMとglobeだけは改めてCD買いました。
TMに関してはライブDVDも購入。
FANKS!!

引退しても曲は永遠に残りますし、何があっても良い作品は変わらず良い。
今後も引き続き聴かせていただきます。
今までお疲れ様でした。

主観であれこれ言いたい放題書かせていただきました。
小室さんのファンの方ごめんなさい。

*TM NETWORK アルバム 『RAINBOW RAINBOW』 『CAROL』 を聴きながら執筆しました

今回はここまで。

うーむ、下書きなしで書くと安定の乱文長文ごめんなさい。
これから寒い日々が続くので体調に気をつけてFXに集中します。

ではまたー。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ  
Sponsored Links

コメント


管理者のみに表示