FX初心者が上達するまでやってみる

FX初心者が上達する過程を記録するブログです。

イギリスのEU離脱を問う国民投票がすごかった! Part2

2016.07.28 - 21:30
お久しぶりです。
ヒロポックです。

いろいろありまして...、しばらく間が空いてしまいました。
まぁ、それについては別の機会に書くとします。

では、前回の記事に続き、国民投票当日の状況を書いていきます。
イギリスの国民投票は、日本時間では6月23日16時から24日の朝7時まで。
その後に開票作業が始まり、13時頃にはだいたい結果が出て
16時に最終発表の予定となっていました。

友人はこのイベントに備えて、事前に仕事の休みを取得。
私は、22日の夜に友人のトレードルームにお邪魔して、友人のマシンガントークを
聞きながら、トレードの準備をしました。

友人の解説は、以下の通り。
・残留派の支持層には若者が多い
・イギリスの天気が良くないので若者が投票に行かず、離脱派有利
・先日、残留派女性議員が殺害され、残留に同情票が集まる可能性あり
・ブックメーカー(賭け屋)のオッズから、残留支持が7割以上と予想できる

ちなみに、友人は残留の勝利と予想していました。
それにしても、こんな大事な国民投票が賭け事になっているんですねー。
驚きました。
友人から、ブックメーカーのオッズは下手な世論調査よりも信頼できると言われました。
ん、あれっ、たしかイギリスのブックメーカーって...。
サッカーのイングランドプレミアリーグの岡崎のレスター優勝で大損したんじゃなかったっけ。
まぁ、あれは奇跡の優勝と言われていたから、仕方なかったのかな。

さてさて、準備も終わり、友人との話に夢中になっていたら、いつの間にか朝に。
そのまま徹夜状態で、チャートを眺めることにしました。
友人は臨戦態勢に入り、気合を通り越してちょっと怖かったです。

友人の言うとおり、マーケットは残留ムードで、ドルストレートもクロス円も前日から上昇。
しかし、8時過ぎた辺りでいきなりガックーーン。

友人「なにこれ」

ポンド円のチャートで長い陰線が出現。
他の通貨ペアのチャートも大変なことに...。

友人はすぐに投票速報を確認。
どうやら残留と離脱が拮抗状態で、思ったよりも離脱票が多かったことに
マーケットが反応したようです。
しかし、友人は「きっと残留が増えるから、どこかで買いを入れる」と
ポンド円のチャートに集中。

私はというと...、値動きやスプレッドの拡大に驚きを通り越して
ただただ、ぼーっとこの状況を眺めているだけ。
ポンド円なんてスプレッドが100pips広がる時もあったり
他の通貨も通常考えられないくらい広がっていました。
そして、出口調査や議員さんの発言等でチャートは乱高下。
1時間足のローソクが一瞬で長くなったり短くなったり、通常ありえない動き方です。
こんなビッグイベントは初めてで、貴重な体験ができました。

そして、10時過ぎ。
友人が投票速報を見ながら、いつくかの都市名をぶつぶつと呪文のように言ったり
開票率が10%弱かー、などなど、独り言をつぶやいてから、、、

「これ離脱が勝つかもな」

サクッと一言。
友人曰く、イングランドの離脱票が多すぎるとのこと。
おまえはどう思う?と聞かれたので

ヒロポック「まったくわからん。チャート的にはサポート抜けてるし下降しそうだけど...。」

と、弱弱しく返答。
友人は、だよなーと言いながら、ポンド円の売りボタンをポチッ。

!!!!?????

30万通貨...。
スプレッドが広がっていたので、エントリー時は-20万!!
す、すごい。。。

その5分後、急上昇!!
-100万超え!!!

残留票が離脱を少し上回ったとのニュース情報。
しかし、友人はまだ損切りせず。

友人「・・・・・・うぅ。」
頭を叩きながら、チャートを凝視。

その状況に思わず、「損切りしないとやばいんじゃ?」と言ってしまいました。
...、友人は無言。

そして、売りボタンをさらにポチッ!!!

ええええっ、ナンピィィン!!???

友人に再度、「損切りしないで大丈夫?」と聞くと、「160円超えたら損切る」
と怒鳴る感じの返答。

1回目のエントリーは147円付近、2回目は151円。
合計60万通貨。

あっ、ちなみに、テンション高い感じで書いていますが、友人の集中を
邪魔しないように終始静かに見ていました。
心の中では文章のように、興奮してテンションMAXでしたが。
友人がポジションを持ってからの会話は、損切り大丈夫?と2回言っただけ。
ピリピリムードで緊張感が伝わって、何もできなかったです。


そして、11時過ぎた辺り。

友人「イングランドは離脱が多い、原油も下げてる、大丈夫大丈夫。」

自分に言い聞かせるように言っていた直後...、ガックーーーーーーーン。

あれ?何が起こったのか...。
パネルの収支が...、100万、200万、300万と増えて...。

友人「キタキタキタキタキターーーーーー!!!」

うぉっ、いきなり大声でびびった。
こ、こわい...。

その後、12時30分頃に離脱確定の報道が流れました。
それを受けてもあまり下降しなかったので、友人は利益確定ポチッ。

なんと780万円!!!

友人「よし!游玄亭連れてったる!」

ヒロポック「特選タン塩いかせていただきます、にやっ」

と、友人のトレードはこんな感じでした。

それにしてもこの短時間でヒロポックの年収以上。
すごいなー。

...、後日談ですが。
残念ながらこの日以降、友人は利益を減らし続けて、結局780万が150万に。
このトレードの影響で、損切りが遅くなってガツーンとやられたらしいです。
でも、100万円以上の利益が残ったのだからすごい。

あと、游玄亭ではないけれど、叙々苑に連れて行ってもらいました。
焼肉食べながら、イギリス離脱後の経済変化について解説してもらいました。
牛タンとワインおいしかった~。

さて、この後、自分のトレードについて書く予定でしたが
かなりの長文になってしまったので続きは次回。
イギリス国民投票についての記事は、次回でラストになります。
今週中にはアップする予定です。

ではまたー。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ  
Sponsored Links

コメント

No title
はじめまして!
EU離脱の時のfxの値動きはすごかったですね^^;
業者によっては、スプレッドが数十pips以上ありました。

かなりのボラティリティでしたが、ロットを減らして、いつも数倍以上のリターンが上がったと記憶してます。
私も為替や
他にも株の個別銘柄の売買もしてますが、ヘッジファンドからの秘密の情報で、プラスのリターンをだすだけで、ほかは特に裁量の売買はしていないです。

EU離脱のようなこういう特殊な日にめぐりえたことがうれしいです。

また記事を拝見させていただきます。
よろしくお願い致しますm(_ _)m
Re: No title
fxdaisuki様

初めまして。
コメントありがとうございます。

スプレッドもボラティリティもかなり広がりましたよね。
値動きが落ち着くまでは何もできませんでした。

また記事を読んで頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします^^

管理者のみに表示